WEIRD AND WONDERFUL WORLD

海外の気になった情報を主にまとめて発信しています。

FOOD|フード

「スーパーフードダイエット」何から始める?おすすめ通販まとめ8選

2017/04/06

bpeqqxtflpy-toa-heftiba

 

『スーパーフードが気になるあなた!継続するには安く多めに買っておくのがベスト』

 

痩せたい・・・、とにかく痩せたいと常に私は思っています。

なぜ痩せたいかというと、「もっとお洒落になりたい」や「素敵な彼氏、彼女が欲しい」

だとか「モテたい・・・」や「健康になりたい」というのが主な理由だと思います。

 

ぽっちゃりや肥満気味の人というのは、例外もいますが、だいたいの人は不健康です。

そして素敵な彼氏や彼女を見つける人も、みなさんあんまり太っていない気がします。

 

じゃあやっぱり痩せないといけないよね・・・と思ってしまいます。

いろいろ方法を考えて、試してめて、でも結局続かない・・・

 

そして行き着いたのが「スーパーフード」

スーパーフードとは栄養価が高い食材で、

健康を維持していく為に良いとされている食品です。

 

スーパーフードは近年、健康もそうなのですが、ダイエット効果に良いという事で、

メディアから引っ張りだこ。

 

代表的なのはチアシード・アサイー・ココナッツオイル・キヌアなど。

これらのスーパーフードの人気が高いのは、やはり効果がしっかりでるからだと思います。

 

じゃあ「スーパーフードいっぱい摂取すれば痩せれるんじゃない?」と思い、

いざ買いに行ったり、ネットで購入しようとするとすると、

「意外に種類が多くてどれに手をつけていいかわからない」

となってしまいました。

 

もちろん特定のスーパーフードに決めている方ならいいのですが、そうじゃない人だと、

どのスーパーフードが自分の求めている物なのかわからないことも多いはず。

 

この記事では「とにかくスーパーフードで痩せたい」と思っているあなたに、

これは試して損はないというおすすめのスーパーフード8個と、

その簡単な解説と食べ方を紹介していきます。

 

 

No.1 チアシード

 

スーパーフードの代表格「チアシード」

 

スーパーモデルのミランダ・カーや多くの芸能人が使用している事でも話題となりましたが、

その効果はやはり素晴しい物があります。

 

1日に大さじ1杯(15グラム)で1日の必要な栄養素を充分に補給できると言われており、

天然のサプリメントと呼ばれているほど。

 

チアシードの主な栄養素は、カルシウム、食物繊維、オメガ3脂肪酸、鉄分、

亜鉛、マグネシウムなど、現代人に不足しがちな栄養素をバランス良く含まれています。

 

チアシードにはα-レノリン酸が含まれており、体に良い油成分が多く含まれていますので、

美容にとても良い食材です。

 

また8種類の必須アミノ酸が含まれているので、美肌・美髪を目指す人にもピッタリです。

食べ方に関しては、チアシードは無味無臭なので、基本的にどんな料理にも合いますが、

スープやフルーツジュース、ヨーグルトなどに使われるのが人気です。

 

そのまま何かにふりかけるのもいいですが、基本的には水に浸して、

ジェル状になってから使います。

 

このジェル状になったチアシードは空腹のお腹を満たしてくれて

ダイエット中のあなたに最適です。

 

チアシードには黒と白の2種類がありますが、基本的に白いチアシードの方が、

栄養価が高いと言われています。

 

ホワイトチアシードの詳細・購入はコチラから

 

No.2 タイガーナッツ

 

実はナッツじゃない「タイガーナッツ」

 

ニューヨーカーの間で大人気となったタイガーナッツは、

日本でも近年大流行の兆しを見せています。

 

タイガーナッツは主にアフリカやスペインで栽培されていますが、

最近の物はスペインの物が多いらしいです。

 

味は甘みと酸味があって、ナッツに似た香ばしさがあります。

少し硬くて噛みごたえがありますので、いつも柔らかい物ばかりを食べている人には、

噛む癖をつけてくれていいかもしれません。

 

タイガーナッツにはデトックス効果やアンチエイジング効果もあり、

便秘の改善から、美肌効果、老化防止などさまざまな期待ができます。

 

そしてダイエットの効果と言うと、

タイガーナッツは難消化性でんぷんという物が含まれており、

血糖値を上げにくくする効果があります。

 

実は血糖値が上昇するとインスリンというホルモンが分泌され、

これが脂肪を体に溜め込んでしまいます。

 

ですので難消化性でんぷんは体に脂肪をためないようにしてくれて、

脂肪の燃焼率を上げてくれるとも言われています。

 

そしてタイガーナッツの良い食べ方は食前となります。

やはり食事中が一番血糖値が上がってしまいますので、それを防ぐ為に、

食前に食べるのがベストで、一日に食べる目安の量は8粒となります。

 

タイガーナッツは決して低カロリーではないので注意しましょう。

 

タイガーナッツの詳細・購入はコチラから

 

No.3 フリーカ

 

東地中海やアラブ諸国に古くから伝わる古代穀物「フリーカ」

 

フリーカとは青麦をロースト・乾燥した穀物で、

東地中海やアラブ諸国で食べられてきました。

現在はリゾットやサラダにして食べるのが主流だそうです。

 

日本でも最近人気が出だして、通販や健康食品店でも置かれています。

とても香ばしくて、プチプチした食感があるので、食べていると楽しいです。

 

フリーカは、カリウムやビタミン、鉄分、カルシウムなどのミネラル、

食物繊維や植物性タンパク質が多く含まれています。

 

生活習慣病や便秘解消の効果があり、GI値が低く、タイガーナッツ同様、

難消化性でんぷんが含まれており、血糖値の上昇を抑えてくれ、

食物繊維も多く含んでいますので、便のお悩みも解決してくれます。

 

おすすめの食べ方は、白米などを炊くときに一緒に入れておくと、

美味しく食べられます。

また炊きあがったフリーカをシチューやサラダなどに入れるもの良いです。

 

フリーカの詳細・購入はコチラから

 

No.4 モリンガ

 

植物の中でもトップクラスの栄養素を持つ「モリンガ」

 

無駄の全くない植物で、生命力が強く成長が早いのが特徴です。

ですので海外では、ミラクルツリー(奇跡の木)や、

メディスンボックスツリー(薬箱の木)、ツリーフォーライフ(生命の木)、

マルンガイ(母親の友)と言われております。

 

暖かい場所でしか栽培できないモリンガは、北インドが原産地で、

基本的には亜熱帯地域で栽培されており、日本では沖縄でも見る事ができます。

 

たくさんあるスーパーフードの中でもモリンガが注目されているのは、

他の物と比較しても、これほどの栄養素を含んでいる物がないと言われているからです。

 

ポリフェノール、イノシトール、GABA、植物性タンパク質、食物繊維、

9種類の必須アミノ酸・非必須アミノ酸、12種類のビタミンが含まれています。

 

モリンガにはバランス良く栄養素が含まれていますので、

栄養補助食品としても優れており、食物繊維も多く含まれていますので、

便にお悩みの方も助けてくれます。

 

そして低カロリーと言う事もあって、ダイエットにも最適。

粉末タイプとカプセルタイプが主流のモリンガは、

そのまま飲むのもいいですし、スープやヨーグルトに混ぜるのもおすすめです。

 

石垣島産モリンガの詳細・購入はコチラから

 

No.5 キヌア

 

南米アンデス地方からのスーパーフード「キヌア」

 

テレビ番組でも多く取り上げられたり、

ミランダ・カーが使用している事でも話題になっているキヌア。

 

南米のアンデス地方で栽培されている穀物の1種です。

食感はプチプチしていて、食べるのは楽しいです。

 

キヌアには、ムチオニン・イソロイシン・リシンなどの必須アミノ酸が多く含まれています。

またタンパク質も多く含んでおり、

オレイン酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸もしっかりと含まれていますので、

健康食としても優れています。

 

キヌアはグルテンが含まれていないのでダイエットに適した食材です。

また食物繊維も豊富に含まれていますので便秘の問題や、下半身太り解消にも良いです。

食べ方はお米などと一緒に炊いて食べたり、パンなどに入れるのもおすすめです。

 

キヌアの詳細・購入はコチラから

 

No.6 ココナッツオイル

 

美を追求する人に最高の油「ココナッツオイル」

 

芸能人やアスリートが愛用しているココナッツオイルは、

雑誌やテレビなどでも取り上げられ、かなり話題の食品となっています。

 

ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸が体内に入るとケトン体という成分を作り出し、

脳のエネルギーの源となります。

 

また体を活性化酸素から守ってくれてエイジングケアも助けてくれるという優れもの。

ヤシ油とも言って、ココナッツからできた油の成分のことを言います。

 

基本的にココナッツオイルは気温が高い国で栽培されており、

主な栽培地はインドネシアやフィリピン、メキシコ、インド、ブラジルなどです。

 

成分はビタミンEや中鎖脂肪酸の一種のラウリン酸、

ビタミンKや鉄分などの栄養素が多く含まれています。

 

おそらくこの中鎖脂肪酸にあまり馴染みのない方もいると思います。

一般の食用油に比べて、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、

吸収してから体内でより早く吸収、分解されるので、エネルギー源になりやすく、

体に残りにくいと言われています。

 

ココナッツオイルの効果・効能は、美容成分が多く含まれているので、

美肌を目指す方に最適。

 

また中鎖脂肪酸が、体内で脂肪分をためにくくしてくれるので、

ダイエットにも最高のスーパーフードです。

 

食べ方としては、コーヒーや紅茶に飲むのもいいですし、

ヨーグルトやカレー、スープなどに使っても美味しく食せます。

 

ココナッツオイルの詳細・購入はコチラから

 

No.7 マキベリー

 

アサイーを超えている!?と評される「マキベリー」

 

ポリフェノールがアサイーの5倍とも言われているマキベリー。

もちろんですがこのスーパーフードも芸能人が多く注目し、

使用しており、日本でもかなり話題になっています。

 

原産地は主にチリのパタゴニアの寒冷地帯で、寒いところで栽培されます。

マキベリーと言えばやはり、ポリフェノールの含有量が素晴しく、

アサイーと比較すると約5.4倍、ブルーベリーだと約14倍と言われており、

まさにスーパーフードと呼ばれるにふさわしいです。

 

マキベリーの効果・効能はとしては、

ポリフェノールが血中のコレステロールを制御する効果があるので、

高血圧の予防や肝機能の向上により、脂肪を分解する機能が上昇し、

ダイエットにも良いと言われています。

 

また美容にもよくて、細胞を老化させる活性化酸素の働きを、

抑えこんでくれたり、ホルモンバランスを整えてお肌を奇麗にしてくれる効果もあります。

 

食べ方としては、果実をそのまま食べることは可能ですが、

日本で流通している物は粉末タイプが圧倒的に多いです。

ヨーグルトやスムージーなどに混ぜて食べると美味しく召し上がれます。

 

マキベリー粉末タイプの詳細・購入はコチラから

 

No.8 ウィートグラス

 

クセの少ない青汁みたいなスーパーフード「ウィートグラス」

 

ウィートグラスは日本で言う小麦若葉のことで、小麦の種子から発芽したスプラウトです。

よく日本の青汁の海外版みたいな感じでも言われたりします。

 

ですのでやはりジュースとして飲まれるのが人気です。

そして海外のセレブ達の間でも密かに流行していたらしく、

今は日本でも注目されるようになりました。

 

主な青汁とウィートグラスの違いは、

青汁は主に大麦若葉が使われているのに対して、

ウィートグラスは小麦若葉が100%ということです。

 

味は青汁のように苦くなく、クセも少ないと言われていますが、

野菜特有の香りですので、そのままで飲むと苦手な人には辛いかもしれません。

 

効果も素晴しい物があり、デトックス効果については世界で大絶賛されています。

その他にもビタミンやミネラルが多く含んでおりますし、

クロロフィルという成分も含まれており、このクロロフィルには造血作用があり、

血液を奇麗にしてくれて、血流を促してくれる働きを持っています。

 

この血流を促してくれることで、デトックス効果が期待できるのです。

血液の循環が良くなることによって、多くの効果が生まれます。

美容や健康、ダイエットなどにも良いですし、貧血改善にも効果があると言われています。

 

ウィートグラスの食べ方は飲むのが主流となります。

スムージーに混ぜたり、ヨーグルトもいいですし、

牛乳とはちみつで割った物を混ぜるのも美味しく頂けます。

 

ウィートグラスの詳細・購入はコチラから

 

まとめ

スーパーフードは近年かなり注目されていて、

その効果や食べ方もかなり研究されています。

 

もちろん効果は出るのですが、やはり重要なのが、

規則正しい生活をし、基本の食生活に取り入れて継続すると言うことです。

 

いくらスーパーフードを毎日取っていても、不規則な生活だったり、

継続できないでいると効果はでません。

 

痩せる為にもスーパーフードは1つの手となりますが、

今一度食生活を見直すと共に、不規則な生活を送っている方は、

生活習慣を改善するのもいいかもしれません。

そうするとよりスーパーフードの効果を実感できて継続できます。

 

-FOOD|フード