WEIRD AND WONDERFUL WORLD

海外の気になった情報を主にまとめて発信しています。

LIFE-STYLE|ライフスタイル

【この人すごい!】本当に仕事ができる人に見られる10の特徴

2017/07/18

 

『あっ、この人凄いな・・めっちゃ仕事できる』

 

『仕事ができる』って響き素敵ですよね。おそらく多くの職場に一人はいるであろう、仕事ができて、定時が過ぎるとあっという間に帰ってしまう人。彼らは仕事のスピードも圧倒的に早くて、なおかつ正確。求められるものも分かっているので、仕事をそつなくこなします。

あなたは仕事のスピードが上がらない、毎日残業、いつまで経っても帰れない、なんて悩んでいませんか?

この記事ではそういった『仕事ができる人』に見受けられる、10の特徴を紹介していきます。この記事を見終わったら、ぜひ今のあなたの特徴と見比べて見てください。

 

No.1 メールのレスポンスが異常に速い

彼らはメールや電話の返信が異常に早いです。仕事をする上で行動力はとても大事なのですが、行動力がある人は何をするにも迅速で、メールや電話でのレスポンスが早いのも例外ではないです。

仕事が多ければメールの返信は遅くなるのでは、と考えるかもしれませんが、実はその逆なんです。「仕事を多く抱えることができる=効率良く作業できている」

効率良く作業できている人は、今自分が何をしなければいけないのか状況把握がしっかりとできている人。そうなると何か連絡事があっても、どう対応しなければいけないのかを把握しているので、自然と連絡も早くなります。

 

もちろんメール内容も洗練されていて、常に的確。そういった方は5W1Hをわかりやすく数行に書くのが上手です。過剰な装飾や曖昧な表現は避けていて、誰が見てもすぐに理解できるものを用意します。定型文を多く使っていたりもします。

あまりにも忙しくて、そんな余裕がない人は、レスポンスの早さから意識してみましょう。メールの内容をしっかり考えるのも大事ですが、ある程度内容がわかる文を打つことができれば問題なし。レスポンスが早ければクライアントや同僚、上司なども喜びます。

また仕事が速い人はどんなメールを書いているのかという本でも、多くのメール術を教えてくれますので、いつもメールの文章に自信のない人には超オススメ。

 

No.2 ゴールから逆算して作業工程を組み立てる

段取りを組み立てるのが上手い人は仕事が早いのも特徴。作業工程を組み立てる上で重要なのが、目的(ゴール)を先に意識しておくこと。

 

逆算して計算し、どれくらいの順序、労力が必要であり、どれくらいの時間で達成できるのかを先に計算しておくと、あなたが今しないといけない事、優先順位が見えてきます。

その優先順位に沿って自分の作業を進めたり、チームでの議論を進めたりするので仕事に迷いがありません。迷いが無くなると作業スピードも自ずと上がってきます。

 

No. 3 時間(期限)を守る

仕事が早い人は例外なく時間(期限)を守ります。これは待ち合わせの時間もそうですし、仕事の期限に対してもそう。

 

時間を守れる人は普段から余裕がある状態を作っていて、その余裕を作るためにタスク管理に、スケジュール管理等を徹底しています。また時間を守る人は時間の大切さを分かっており、自分の時間を大切にするのもそうですが他人への配慮もしっかりと考えています。

そういった方は社内でも信頼が生まれて、どんどん重要な仕事が舞い込んでくるようになります。普段からタスク管理やタイムマネジメントを徹底したい人は、「Evernote」や「Todoist」、「ChatWork」などがおすすめ。

 

No.4 メモを取る

仕事ができる人は必ずと言っていいほど、デジタル、アナログ問わず、多くのメモを取っています。これはタスク管理を徹底するためで、こういった方は自分のしないといけない事を、自分の頭以外で管理しており、タスク漏れなどが少ないです。そうなると必然的に、うっかりしたミスも無くなります。

 

ですのでいつもスマートフォンのタスク管理をするアプリや、メモ帳、ペンなどを持ち歩いています。

また仕事を教える側からしても、教えている最中にしっかりメモを取っていると、「こいつ、しっかり覚える気あるんだな」と最低限姿勢だけでも評価してもらえます。

メモを取るのが苦手な人は仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。で多くのメモ術を学ぶことができおすすめ。

 

No.5 残業しないように段取りを組む

帰宅するのが早い人は仕事ができる人です。仕事が終わっていないのに、さっさと帰ってしまうのは問題ですがそれはごくわずかの例外。定時でしっかりと帰る人というのは、しっかりと今日1日のプランが朝から出来上がっていて、それによって作業を進めているのです。

 

もちろんそういった人というのは、時間配分がうまく、ムダを省くことができているので、仕事も早いですし、一つ一つの行動に迷いがありません。また定時で終わらせようと、全力で仕事に取り掛かりますので、集中力も高く、処理スピードもかなり早いのです。
また、たとえ残業したとしても、だらだらと定時までにしなければいけなかった事をするのではなく先を見据えたことや、中長期的なものでも、今しておいたほうがいい事など、必要な事に重点を置いた時間にしています。

タスク管理にスケジュール管理も大事なのですが、モチベーションも大きく仕事に関わってきます。ですので、定時後には何か楽しい予定を組んで、積極的に仕事を早く終わらせるよう心がけるのも良いです。

 

No.6 コミニュケーション能力が高い

仕事が早い人はコミニュケーション能力も高く、仕事を頼むのがとっても上手です。逆に遅い人というのは、頼んだほうがスムーズで早いのに、変に気を使ったりしてしまい、全部自分で仕事を背負いこんでしまう人です。

 

他にも進捗管理をする上でも、マメにコミニュケーションを取ることが重要。会話は得意不得意がありますが、正しい方法で頻度を重ねていけば誰でも上達するもの。

伝え方が9割という本では、物事の伝え方のシンプルな技術を教えてくれます。もし会話するのが苦手だなと感じる人はぜひ読んでみてください。

 

No.7 断ることができる

仕事を断ることができるというのも、仕事ができる人に見られる特徴の一つ。できない人はNOとは言えず、今抱えている仕事が終わってもいないのに、新しい仕事を次から次へと抱えていってしまいます。そして最終的に全て中途半端な状態で終わってしまうということが、よく見受けられます。

もし自分の今抱えているタスクでいっぱいいっぱいだったら、しっかりと勇気を持ってNOと言いましょう。そうすれば最低限、今ある仕事に集中できます。

 

No.8 考えてから発言する

条件反射で話す人は、あまりできる印象を与えないばかりか、話をわかりにくくしがちです。もちろん感情的になってしまう場面では、突発的に言葉が出てしまったりすると思いますが、一旦発言するのをこらえて、考えてから話ように意識しましょう。

 

それだけで周りからの見られ方も変わりますし、発言にも重みが出てきます。また口癖がある方も注意したほうがいいです。例えば「ぶっちゃけ〜」「てか〜」「〜的な」、「逆に言うと〜」「〜な感じで」などです。これらの言葉が口癖だと、仕事ができそうには見えないですし、周りとのコミニュケーションを取る上でも、「なんだこの人?」なんて思われることも多々あります。

無意識に使ってしまっている人もいると思いますので、一旦自分の発言を録音するのがオススメ。

 

No.9 あらゆるものに「+1」

仕事のできる人は、どんな仕事においてもナンバー1を目指しています。
そういった人は絶対に人よりも良いものを提供しようと、頼まれていたものに+1のアイデアが含まれていたり、どんな人よりも「better」な物になっていたりします。常にそう言う人は、物事を考えて試行錯誤し、より良いものを追求します。

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法では、発想を鍛えるための手順など、アイデアを生み出すために良いアドバイスがいっぱい書かれていて「+1」の仕事をしたい人にオススメの本です。

No.10 仕事を楽しむ

仕事ができる人はモチベーションも常に高いです。そういう人は仕事に対しての楽しみを見つけるのも上手で、たとえ自分のしたかった仕事ではなくても、どこかで何か自分の楽しめるポイントを作っています。例えば、営業職であれば、仕事のできる人は、同僚たちと営業成績を競い合うのを楽しんだりするものです。

初めはわからないことも多いので、楽しくないことも多いですが、長い時間かけてその仕事を得意になると、多くの今まで見えなかった部分が見えてくるようになり、楽しみを見出すことができるかもしれません。

 

現状がうまくいかない人は思い切って転職するのもアリ?

自分の今の職場でうまくいっていないからといって、決して落ち込む必要はないです。世の中には様々な職種があり、どの仕事があなたにぴったりの物なのかは、実際に働いてみるまでは全くわかりません。仕事を変えてみて初めて自分の得意な仕事を見つけ、「私って仕事できる人なんだ」と発見をすることもあります。

 

もちろん一つのことにこだわり、ずっとその職場で同じ仕事をするのも素晴らしいです。ただ人生は一回しかないので、本当にあなたが今望んでいる環境でないのなら、遅かれ早かれ転職することをお勧めします。

そして転職するのなら、絶対に利用して欲しいのが「転職エージェント」。彼らはリクルートのプロたちで、登録すれば無料で面談して、あなたの希望の就職先を探してくれたり、履歴書、職務経歴書の作り方もしっかりと教えてくれます。

 

その上、面接練習まで取り行ってくれるので、とにかく手厚い対応を受けることができます。またその転職エージェント独自でもつ未公開求人なども、みることが可能で、あなたの希望の会社の求人も見つかるかも。

一人で転職活動するよりも、ずっとこの転職エージェントを使ったほうが、多くの手間が省けて楽ですし、多くのチャンスがあります。職種に特化したものも多く、「ブライダル特化の転職サービス」リクシィキャリアのようなブライダル専門のものであったり、薬剤師の求人に特化したファルマスタッフなども。

 

きっとあなたの良い転職を見つける手助けとなりますよ。

 

まとめ・・できる人のマネをしよう!

このページを最後までご覧いただきありがとうございます。『仕事ができる人』の条件は様々あって、職種によっても少し変わってたりもするものですが、基本的なことはみんな同じです。

もし同じ職場の上司や同僚が『仕事のできる人』であれば、いっそのこと、その人の真似をしてみるのがいいとおもいます。いい見本がそこにあるのですから、自分で考えてレベルアップするよりもずっと手っ取りばやいです。

 

-LIFE-STYLE|ライフスタイル