WEIRD AND WONDERFUL WORLD

海外の気になった情報を主にまとめて発信しています。

HEALTH|ヘルス

【デブ菌を減らすダイエット】人生にデブでいられる時間など一切無い

2017/04/06

 

『あなたがデブでいられる時間はもう1秒すらない』

 

とにかくデブである事はデメリットが多いです。

今は痩せて標準体型なのですが、私も以前はとても太っていて、

いろんな事からよく周りの人よりも損をしていると感じていました。

 

できればもうこんな経験はしたくないと思っていますし、

今この記事を見ている人の中にもそう思う方は少なからずいるはず。

 

人生は一回で、時間は皆平等に流れ、

だいたい30,000日くらいの皆同じ寿命で死んでいく。

そんな短くて大切な時間をデブのまま捧げると死ぬ前に後悔します。

 

ですがただ一概に「痩せる」「ダイエットする」というのは、

なかなか難しく結果も出にくいですよね。

 

実は最近太る太らないは腸内細菌の仕業だったという話があり、

ヤセたければ、腸内「デブ菌」を減らしなさい! - 2週間で腸が変わる最強ダイエット

でも言っているようにデブ菌が大きく関係しているとのこと。

 

この記事ではそんな今注目されている「デブ菌」についてと、

その「デブ菌」を減らす事で痩せるダイエットについて紹介していきます。

 

 

■ダイエットの前に知っておきたい事

本当はダイエットして痩せなきゃいけないのに、

なかなかモチベーションが上がらない方や継続できない方は、

いかにデブが損なのかをしっかり分かっていない人が多いです。

 

ここではどんだけ太った体型が損なのかの説明と、

ダイエットを継続する為のヒントを紹介していきます。

 

1. デブはパートナーにしたくない


http://www.mensholos.com/

このアンケートは「こんな体型の人はパートナーにしたくない」という物で、

見て頂くとお分かりのように、デブが圧倒的に嫌な体型となっております。

 

人生で恋愛をする事は人生喜びの1つですよね。

ですが多くの方がデブをパートナーにしたくないといっており、

その数48.6%と約2人に1人の割合。

 

という事は大げさですが、あなたの恋愛チャンスやパートナー選びも、

必然的に2分の1の50%にまで下がるのです。

そもそもデブはルックスもイケてないのにこれだと厳しいですよね。

 

2. デブはお洒落するのも大変

太っていると洋服選びも大変ですよね。

お洒落したいと思いスキニージーンズなんかを履いてみると、

パツパツでおまけにお尻まで食い込んでいて見るに見れず、

自分で確認しようと鏡でチェックするとついため息を付きたくなります。

 

他にもボーダー柄の洋服はあの横しまが体型をより太くみせたりして、

着るのを躊躇したり、白のズボンも膨張色でデブにはなかなか履けないもの。

白の細身のズボン履いてカッコよく街を歩いてみたくありませんか?

 

もちろん太っていてもできるコーディネートはありますし、

男性だと【大きいサイズのメンズファッションQZILLA by Mr.BLiss】

のようなお洒落なファッションサイトもありますが少ないですし、

女性でも可愛い服やカッコいい服を着たとしても全然キマらないですよね。

 

もちろん洋服だけでなく髪型もそう。

デブだと髪型にも厳しい目を向けられ、特に男性のデブのロン毛だと、

汗をたくさんかくイメージから不潔に見られがち。

 

さらに美容室なんかに行って憧れの芸能人の髪型、

例えばキムタクみたいにしてください、なんてデブが言うと、

なかなか厳しい視線を向けられます。(昔の私がそうです)

 

その他普段から着る事の多いスーツもそうですし、

夏場だと水着を着て海に行く事すらデブだと億劫になってしまいます。

 

3. デブはデメリットのオンパレード

デブのイメージは!?

https://buutiful.jp

これはブーティフル.comさんで取られていた、

デブ・ぽっちゃりへのイメージのアンケート。

 

ピンクになっている所が良いイメージで、

黒が悪いイメージですが、圧倒的に黒の悪いイメージが多いですよね。

 

この他にも食生活の悪さから病気になりやすいのもそうですし、

太っているだけで迷惑がられたり、笑われたりとデメリットばかり。

もちろん恋愛対象にも見られない事が多く残念な事が多いです。

 

4. ダイエットは継続こそが鍵

短期的なダイエットで痩せる事は難しいです。

ここでは継続する為のチップを8つ紹介します。

 

・継続には目標設定が必要

具体的な目標が無いとモチベーションも上がりません。

短期的に減らす体重と長距離に何キロ痩せたいかを考えてから始めましょう。

 

・失敗しても再チャレンジ

三日坊主でもいいんです。

ただそれをショートスパンで繰り返しましょう。するとそれが習慣となります。

 

・習慣化する

決めた事をしなきゃ気持悪いくらいになりましょう。

歯磨きなんかはしないと気持悪いですよね。それと同じ要領です。

 

・ハードルは徐々に上げていく

初めから設定が厳しいとやる気が削がれてしまいます。

赤ちゃんのようなベビーステップで、

ハードルの低い設定のものをゆっくりと取り組んでいきましょう。

 

・成果を「見える化」する

毎日の目標をカレンダーに書いて、できたら丸や判子をおしたり、

体重計に乗って痩せた数を記入するなどします。

今までやってきた事が見れて、継続の励みになります。

 

・目標を視覚化する

憧れのなりたいモデルや体型の写真を自分のよく見る場所に貼りましょう。

常に理想を見る事で意識が変わります。

 

・異性に恋をしよう

自分より人の為にやる方がパワーがでます。

特に好きな人がいて、振り向かせたいときはたくさん努力しますよね。

成功した後のことをいつも頭に思い浮かべるといいです。

 

・周りを巻き込もう

もし家族や恋人、友達に職場の仲間でも、

一緒にダイエットに取り組んでくれたら、1人よりもずっと楽しいです。

仲間がいるといないのとではモチベーションに違いがでます。

 

■腸内環境に潜むデブ菌があなたをデブにする

1. デブ菌とはなにか

デブ菌とは俗語で言葉の通りデブの元となる菌です。

腸に生息する菌で元の名前はファーミキューテス

消化した中で不要なものを体内に溜め込んでしまいます

 

2. デブ菌が不要なものまで溜め込む

食べ過ぎや運動不足以外の肥満の原因の1つとして挙げられるのが、

腸内細菌のバランス

 

腸の中にいる細菌は、良い菌や悪い菌、どっちつかずの菌など数多くいて、

個人個人でその環境も違います。

 

人間の体は食べた物の栄養や水分の約80%を小腸で吸収し栄養を補い、

吸収されなかったものが大腸を通って排泄される仕組みです。

 

ですが腸にそのデブ菌が多いと、

体に必要の無いものまでどんどん取り込んで溜め込んでしまうのです。

 

3. デブ菌とヤセ菌のバランスが大事

じゃあこのデブ菌を無くせばいいんじゃないの?と私は思ったのですが、

このデブ菌はどんな人の腸内細菌にもいるとのこと。

 

またデブ菌とは別にヤセ菌(バクテロイデーテス)というものがあり

2つの菌群に分けられるのですが、大事なのはこの2つの割合なんです。

 

理想はデブ菌:ヤセ菌が4:6の割合だそうですが、

太っている方はデブ菌が優勢で6:4だったり7:3になっています。

 

■デブ菌を減らすのに具体的に行いたい事

上で説明した通り、デブ菌が肥満の原因を作っていて、

腸内にその割合が多いからなんですが、このパートでは、

具体的にどうそのデブ菌を減らしていくかを説明していきます。

 

1. 腸内環境に良い食事を摂る

デブ菌を減らす上で最高の食材は納豆だそうです。

理由はまず納豆に含まれる納豆菌は植物性乳酸菌という生命力の強く、

驚異的な繁殖力によってデブ菌を減らしてくれます。

 

もう1つに腸内フローラ(腸内細菌の個々の菌が集まってできた微生物群集)

を育てて、腸内環境によい善玉菌を優勢の状態にしてくれるからです。

ただ納豆が苦手という人も多いと思います。

 

基本的に腸内環境をしっかりと整えるだけで大幅に痩せる人もいるそうなので、

オリゴ糖や、食物繊維(野菜、果物、海藻など)、

ヨーグルトなどの乳酸菌を多く含む物、発酵食品もいいそうです。

 

そもそもしっかりと良い食事(栄養価の高いもの)を摂る事を意識するだけで、

ダイエットの上で大幅に違ってきますので、これらの上の食材を摂りつつ、

徐々にでいいですので一食一食変化を付けるといいと思います。

 

もし腸内環境についてもっと知りたい方はこちらの、

最新! 腸内細菌を味方につける30の方法 - 健康・長寿・美容のカギは腸内フローラと腸内細菌

で分かりやすく説明してくれています。腸内についてもっと興味がある方はぜひ。

 

2. サプリメントでもデブ菌を撃退

サプリメントでもしっかりとデブ菌を撃退できます。

デブ菌を減らして痩せ菌を増やす【プレミアムスリムビオ】では、

普通のダイエットじゃ辛いなと感じている人や、

もうカロリーを気にしたくないという人にいいです。

 

今までのダイエットとは全く新しいアプローチで、

腸内環境についてもしっかりと紹介してくれているので、

ホームページを見てみるだけでもおすすめです。



3. 食事の習慣からデブ菌の増加を予防

腸内の事なので食事に大きく関わっているデブ菌ですが、

できれば普段の食生活からでも増加を予防したいですよね。

 

・普段からお腹がすいてから食べる習慣をつける

常に食べ続けていると腸内の善玉菌と悪玉菌の良いバランスを、

保てなくなると言う実験データがあるのだそう。

ですのでなるべくむやみな間食を避け、空腹の時間をしっかりと作ってあげる事で、

デブ菌とその他の細菌のバランスを正常に保つことができます。

 

・ファーストフードを食べ過ぎない

ファーストフードは手軽で美味しいのですが、

香辛料や添加物を多く使用していて、腸に良くないものが多いです。

食べ過ぎには注意しましょう。

 

・睡眠1時間前のヨーグルト

眠る1時間くらい前のヨーグルトもデブ菌を減らすのにいいんです。

腸の活動は副交感神経が担っていて、

その副交感神経は就寝時に向かって徐々に活動が活発になります。

 

そこに善玉菌の働きをサポートしてくれる乳酸菌を摂取する事で、

より良い活動になるようにしてくれます。

 

■あなたがデブでいられる時間は一切無い

1. 人生はそう長くない

1年は365日で10年だと3650日。

人生で一番若くて美しい20代から30代はたったの3,650日しか無いんです。

これを長く感じるか短く感じるかはあなた次第ですが、

年齢は重ねれば重ねるほど早く過ぎるように感じます。

 

「いつかは痩せてバラ色の人生を」と妄想ばかりで、

本番なしの人生なんて嫌ですよね。

人生で最高の時間は限られていてほんの一瞬。

 

まだダイエットを始めていないなら、始めるのはまさに今この瞬間で、

あなたにもう明日からなんて言っている時間は残されていないのです。

 

2. デブは人生で何度も後悔する

私は学生の時期をデブとして生きてとても後悔しました。

特に、とても憧れていた学生の恋愛ができなかったからです。

 

好きになった人には振られる事が当たり前で、

よく女の子からデブだとバカにされる事も多かったです。

すると気づいたら自分に自信が無く、思いを告げる事さえできない事もありました。

 

もちろん体型以外でも良くなかった要素があり、

上手い行かなかったと思いますが、

痩せていたら変わっていたかもという思いもあります。

 

よく「見た目が9割、中身が1割」と言う事を聞いたりしますが、

私はあながち間違いでは無いと思っています。

 

今ですら憧れる学生恋愛は自分にとって最大の後悔の1つで、

少なからずそういった同じ思いをされた方もおられるのではないでしょうか?

 

私はもう何一つ後悔したくないですし、

あなたも本当に痩せたい、そう考えているのならダイエットをしましょう。

強い後悔をしたならあなたはもう絶対にデブではいられないはずです。

 

■最後に・・・なかなか痩せない人こそ腸内環境を見直そう

この記事を最後までご覧頂きありがとうございます。

デブやデブ菌についてお話ししたのですが、

まさに腸内環境はダイエットをする上で重要な要素。

 

食べたものは何から何まで全て、

胃や腸を経由して体に吸収されていくからです。

 

どんな栄養素を吸収するのか、

消化しやすい・消化しにくい食べ物の種類などを分別するのも胃腸になります。

 

仮に胃腸が脂質や糖質をとても吸収しやすい状態になっていると、

いくら食事制限を行なったとしても、脂肪の増加を抑えることはできません。

ですので腸内環境はダイエットの成功を左右するほど、非常に重要な要素なのです。

 

また腸内細菌の研究は近年凄まじいスピードで、

どんどん進んでいると言われており、数年前の常識が通用しないというほど。

ですのでもしかすると数年後には超決定的なダイエット方法が、

腸に関連したものから出てくるかもしれません。

 

その前にぜひ腸に関して知識を深めるのはいいと思いますし、

やせる! 若返る! 病気を防ぐ! 腸内フローラ10の真実でも、

分かりやすく内容で説明してくれています。

 

今までダイエットをしてきた人もそうでない人も、

腸の事を理解し、このデブ菌撃退ダイエットで効率よく痩せて、

これ以上後悔のない人生をどうか送ってみてください。

 

-HEALTH|ヘルス