WEIRD AND WONDERFUL WORLD

海外の気になった情報を主にまとめて発信しています。

LIFE-STYLE|ライフスタイル

[人生が楽しい]外国語を習う人がそうでない人より優れている12の要素!

2017/04/06

photo-1461280360983-bd93eaa5051b

 

『外国語を習うといい事がこんなにあるの??』

 

外国語を覚えるとたくさんのいい事がありますよね?

国が違うと、文化もかなり違うので、その国の人と話してみるといろんな発見があったり、

新たな出会いがあったりとかなり刺激的です。

 

また現地に行って日本とは全く違う食事や景色などを、

その国の言葉が話せると、より濃密に味わう事ができると思います。

 

そんな事ができたら羨ましい限りですが、母国語以外の言葉を習うのは、

とても難しい事の1つで、かなりの時間を費やし、なかなか取り組めない人も多いはず。

 

それと今では信じられないですが、昔は子供を家でバイリンガルに育てようとすると、

知性の成長を邪魔すると言われていた時代もありました。

 

それに総合失調病や、2重人格になる可能性もあるとも言われていました。

時代も進み、そうでは無い事がわかったのですが、

そういった考え方で、他の言葉を勉強しなかった人は少しもったいない気がします。

 

現代ではとにかくたくさんの外国語を覚えるツールがあり、

本や映画、スカイプ、YouTube、はたまた携帯のアプリなんかでも勉強できる時代です。

 

あるスウェーデンでの研究でもすでに、2カ国語を話せる人は、

そうでない人よりたくさんの面で優れていると、発表されています。

 

その中でも言われているのが下の12点で、

・一般教養がある人が多い
・計画を立て、優先順位を決め、判断力に優れる
・洞察力がある
・メディアの情報に流されにくい
・他の人の見解を理解する事に慣れている
・集中力がある
・多くのことに興味を持つ
・人生に満足している
・常に余裕がある
・あらゆる事において記憶力が高い
・クリエイティブになれる
・人の話を聞く事に優れている

 

またその研究において、外国語を習うと、脳が大きくなるという事もわかりました。

 

スウェーデン人の若い兵隊が、新しい言語を習うトレーニングを受け、

受けた後に、彼の脳をMRIでスキャンすると、脳の海馬の部分が、

活性化されてサイズが大きくなっている事が発見されています。

 

それに言語を習う事は、認知症のリスクを下げてくれる効果がある事も判明しています。

 

言語を学ぶのに1番いいのはとにかく話す事

photo-1453838956707-38a7aa3cd62d

外国語を学ぶのは、頭にも良くて人生も楽しくなるって分かっているけど・・・

ってなる人はやっぱり多いですよね。

 

それか勉強はしてたけど、いまいち成果がでないし楽しくもない・・・

これもあると思います。

 

やはり言語を学ぶのは楽しみながらが1番ですし、アウトプットすることも重要です。

この事からも、会話をしながら学ぶのが1番だと言えます。

 

でもそんな機会なかなか無い人が多いです。

そこで【italki】を使ってみると、とても簡単に、いろんな国の人と話せちゃうんです。

 

italkiを簡単に説明すると、Skypeを使って教師とつながり、外国語個人レッスンを始めます。

英語だけではなく、世界のありとあらゆる言葉を習う事が可能です。

 

オンラインレッスンで、手続きもとても簡単で便利ですし、

インターネットがあれば、自宅や仕事場、どこででもレッスンを受けることができます。

 

研究では個人教師と1対1の授業を行う事が、

外国語学習の最速の方法であることが証明されています。

italkiのとてもいいところは、優しく効率の良い授業を受けれる事はもちろんですが、

いろんな国の人がまた日本語を学んでいて、italki上で教えあったりして仲良くなれる事です。

 

学ぶ事もとても重要ですが、教える事によっても得られる物は多いんです。

島国の日本は外国人の方と話せる機会があまり多くないので、

このitalkiは言葉を学ぶ上で最高のツールだと思います。

 

もし興味がある方は試してみてください。



-LIFE-STYLE|ライフスタイル