WEIRD AND WONDERFUL WORLD

海外の気になった情報を主にまとめて発信しています。

FOOD|フード

[必見]ルイボスティーの効果と副作用とは??

2017/04/06

photo-1441015401724-70d16b783f5c

ルイボスティーは美味しくて健康的なお茶として、

近年とても人気がありますよね。

長い間南アフリカで飲まれ、愛されてきたこのお茶は今世界中で愛されています。

 

味わい深く、風味が良く、ノンカフェインで紅茶や緑茶の代わりにもなります。

このルイボスティーの素晴らしい効果、可能性とは何でしょうか?

 

このお茶に含まれている抗酸化剤が、がんや心臓病、

脳卒中などを防ぐ働きがあると言われています。

 

紅茶や緑茶の代わりになって更にそれらの効果を期待できるのなら、

飲まない手は無いですよね??

 

この記事ではルイボスティーとは何かというのと、

いくつかの素敵な健康をもたらしてくれる要素を説明していきます。

■ルイボスティーって何?

ルイボスティーの「ルイボス」とは、

現地の言葉で「赤い茂み(Red Bush)」を意味します。

ルイボスティーは紅茶や緑茶、中国茶等の「お茶」とは全く種類が異なる飲み物です。

 

ルイボスティーは豆科の低木(いわゆる“しげみ”)の松の葉のような、

針状の葉の部分で、学名をアスパラサス・リネアリスといいます。

 

古くより南アフリカの先住民の間で日常的な飲み物として親しまれる一方で、

「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として日々の健康のために飲まれ続けてきました。

 

ルイボスティーの伝統的な飲まれ方は、茶葉を発酵させて赤色にします。

ですが発酵させていない緑色の物もあり、

基本的には発酵させた赤色の物よりも値段が高くなり、草の香りも強くなります。

それと緑色の物は、発酵させた赤色の物よりもより抗酸化剤を含んでいます。

 

ルイボスティーは基本的に、紅茶と似たような方法で飲まれています。

 

ミルクを入れたり、お砂糖を入れたりします。

更に最近では海外で、ルイボスティーの葉から作られたアイスティー、

エスプレッソ、ラテやカプチーノ等が紹介されていて、

飲み方も多種多様となって来ています。

 

 

1.紅茶や緑茶よりも健康的

紅茶や緑茶に含まれているカフェインは実は脳をとても刺激するのもです。

 

1日に少しくらいの摂取量なら基本的には大丈夫ですし、

集中力や身体のパフォーマンスも少しよくなると言われています。

 

ですが、少しでも摂りすぎると動悸を起こす原因に繋がったり、

不安感が増し、睡眠障害や頭痛なんかも起きやすくなります。

 

ですのでカフェインの摂取量を押さえている方もたくさんいます。

そしてルイボスティーはノンカフェインですので、

とても素晴らしい紅茶や緑茶の代わりとなって普段使いにとってもいいです。

 

紅茶と緑茶にはタンニンとシュウ酸が含まれていて、

タンニンは栄養接種を一部体内で妨げる効果があり特に鉄分なんかがそうなります。

 

一方シュウ酸は摂りすぎると腎結石、尿路結石の原因となる危険な物です。

 

ルイボスティーはどちらの成分も含まれていないですので、

この点でも優れていると言えます。



2.抗酸化剤がたくさん入っている

ルイボスティーの一部人気となっている理由は、

高いレベルで抗酸化剤が含まれている事で、これはアスパラチンとケセルチンを含みます。

 

これらの成分は体内の細胞をフリーラジカルから守ってくれます。

長い期間で見ていくとこの効果は病気やがん、心臓病など、

あらゆる病気になるリスクを下げてくれます。

 

3.ルイボスティーを飲む事で動脈硬化の予防

ルイボスティーの持つ強力な抗酸化力は、

動脈硬化を予防する効果があるといわれています。

 

動脈硬化とは、本来は弾力を持つ動脈の内壁に、

悪玉(LDL)コレステロールが付着することで、動脈が硬くなったり、

動脈内壁が厚くなったりする症状であり、血管の老化現象とも呼ばれています。

 

動脈硬化は特に40歳以上の人に多く見られる病気で、

動脈硬化によって血流が悪くなると脳や心臓などの臓器に悪影響を及ぼし、

進行によっては脳梗塞、心筋梗塞、それから高血圧の原因になります。

 

動脈硬化の原因である悪玉(LDL)コレステロールは、

血液中の中性脂肪やコレステロールが活性酸素と、

結びつくことで増加するとされているため血液中で活性酸素が増加すると、

その分動脈硬化が発症するリスクが高まるといわれています。

 

ルイボスティーの抗酸化作用によって、活性酸素の増加を抑制することができるため、

動脈硬化を予防する効果が期待されています。

高品質の安心のルイボスティーはこちら

 

4.がんのリスクを下げる!?

ルイボスティーに含まれる抗酸化剤のケルセチンとルテオリンが、

がん細胞を破壊し腫瘍の成長を妨げてくれる事が分かりました。

 

しかしケルセチンは抗酸化剤の全体の少ないパーセンテージしか入っていない為、

それが人間の体にとって十分な量かと、体内に十分効率よく吸収されるかどうかは、

まだ確実には確認されていません。

 

ですので人間の体にあるがん細胞に、

本当に効くのかどうか調査を待たなければいけませんが、

もしルイボスティーが本当にがん細胞をやっける事が

できたら素晴らしいですよね。

最高級ルイボスティー「3週間お試しセット」

 

5.他に何か健康にいい物は?

■糖尿病

ルイボスティーに含まれるアスパラチンが、

糖尿病の原因である高血糖の予防効果があると言われているので、

糖尿病を煩っている方に良いです。

 

■骨の健康維持

まだまだ研究段階ですが骨の成長、

回復を助けてくれるという話もあります。

 

■消化能力の向上

お茶という形でルイボスを体内に取り込む事で、

消化機能を高めてくれると言われています。

 

 

6.副作用はあるか?

ルイボスティーに副作用は無いです。

 

今までに副作用があるという事はほとんど無く、

あったらあまりにもレアなケースになります。

 

調査の1つでルイボスティーを大量に接種したら、

肝酵素異常を起こす事があると言われていますが、

これはあまりにも大量のルイボスティーを摂取した場合に限りますので、

普通に飲んでいる限りはまず大丈夫です。

 

■まとめ

ルイボスティーはタンニンが少なく、

抗酸化剤がたくさん入っていてノーカフェインなのが素晴らしい所です。

 

たくさんの健康に対する効果があり美容や不妊治療等にも実は効果があります。

【妊活専門】高品質ルイボスティーサプリメントはエルバランシア

 

健康等が気になり、普段緑茶か紅茶を飲んでいる方はぜひ、

ルイボスティーに変えてみるのはいかがでしょうか?

毎日健康で過ごせると素晴らしいなと思います。



 

-FOOD|フード